強制縦スクロール型ゲームデベロッパ「株式会社ガルチ」は10年目を迎えました

代表挨拶

社長

株式会社ガルチ代表取締役社長 兼 CTO 茶谷 修

拝啓

皆様のご愛顧により、ガルチは早いもので10月3日をもって10年目に突入しました。

ひとまず10周年を目前に控えたこの1年、我々はとても多くのことを計画しています。そしてそれはこれからの1000年を迎えるための儀式でもあります。

……などと、変わらず大げさにやっております。

とにかく面白いゲームを考え抜いて作り上げるのが、ガルチの存在意義であり意志です。これからも全力で面白いゲームを作っていきたいと思います。

皆様、今後ともよろしくお願いいたします!

敬具

 

 

 

 ガルチ初期スタッフから

t_sha

2D・3DCGデザイナー 椿坂 舞さん

昔と比べて職場はとても賑やかになりました。

度々笑いが飛び交ったり、なぜか剣玉やヨーヨーの音が聞こえたりとうるさくて苦情がくる事もありますが、

開発室は賑やかで日々楽しく仕事させていただいています。

これからも遊びもゲーム開発も全力でやるガルチであってほしいとおもいます。

開発もコンシューマやアーケード開発から時代の流れでスマフォゲームが主軸になり振り返れば随分変わったようにおもいます。

近年一気に人が増えていろいろな方と出会い、話を聞いて自分の力不足を痛感しています。

ゲーム業界は変化が激しく、この先どうなっていくのかは未知数です。

変化に柔軟に対応できるように知識や経験をつんでいろいろな事に挑戦していきたいとおもってます。

椿坂さん10年目のインタビューブログ

LINEで送る